読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海辺の風景

海野さだゆきブログ

『弁天ロックゆう』渡会けいじ 著

何事にも自信が持てず引っ込み思案の主人公。その彼女には音が「見える」共感覚があった。偶然遭遇した弁天様から亡くなった少女の書きかけの曲を完成させることを依頼される。数々の出会い、できごとによって少しずつ彼女は変って行く。 バンドもの、音楽と…

『30センチスター』北野詠一 著

主人公男子、同級生がロックスター、カナであることを知る。そして、彼女との関わりの中で才能を開花させて行く。しかし、それはまだまだ「可能性」の段階の才能。いくつかの出会いを経てひとつ、ひとつ階段を昇って行く。 小説の音楽もので納得できる作品に…

ガールズロックバンド革命

まずはこの演奏を観てください。 www.youtube.com 僕はベース弾きですが、こういう演奏に出会うと心底ドラマーさんが羨ましいと思うのです。この躍動感、爽快感はドラムスの魅力です。 この演奏、生で観たいと思いましてちょっと調べました。 彼女は大阪の「…

なんなのiLock

ここでは否定的なことは書かないつもりでしたけど、これはあまりにひどいので、書いておきます。 DAWや音源の著作物保護にiLockという仕組みが使われていることがあります。ネットを利用した認証とUSBデバイスによる物理的な認証を組み合わせたものです。 で…

ギター作りました

ギターを作ってみました。材料は主にStewMacさんから入手。一番大変だったのは塗装でした。 www.stewmac.com ここでは主にメインテナンス工具を買っていたのですけど、homepageにどーんと「節つきパイン材」のテレキャスターが貼ってありまして、それを見て…

『羊と鋼の森』宮下奈都 著

今年の本屋大賞受賞作品。今までいわゆる賞ものにはあまり感心がありませんでした。評価されるものはやはり何かを持っているはず、と心を改めて色々読み始めました。 今まで小説、まんがで納得できる音楽ものに出会えていませんでした。この作品で初めて心打…

『きんいろカルテット!』第1巻 遊歩新夢 著 DSスマイル イラスト

ライトノベルには天才しかいないのです。 いくつかライトノベルで、ですが、音楽ものを読んできました。どうも納得できる作品に出会えませんでした。実はこれはまんがでも同じでした。たまたまそういう巡り合わせなのかもしれないですけど、こうも出会えない…

「セッション」デイミアン・チャゼル監督

エライもの観ちゃったなあ、というのが最初の感想でした。これ、男同士のどつきあいの話です。一応音楽が題材になっていますけど、スポーツであっても俳句であってもよいって種類ですね、それがマイナーな分野であれば。 これ、ルサンチマン映画ですね。 挫…

Mohini Deyさん 凄いとしか言い様がないベース弾き

Mohini Deyさん。 https://www.facebook.com/Mohini-dey-243289075712164/ あり得ないでしょう、このスピード。 でも、どうなんでしょう。面白い音楽とは思えないんです。これ、指の運動になっちゃっていませんか。 https://www.facebook.com/koichi.osamu …

良い音狂詩曲

プロケーブルさんのところで、いわゆるPCオーディオの可能性を探すことを知った僕は、それなりに環境を整えてきました。iPodにRockboxを入れたり、Windowsマシンの方にBugheadを入れたり、と。 オーディオゾンビの気持は分かります。良い音って躍動感が違い…

『菅笠節』

NHK-FMを良く聴きます。一番色々なジャンルの音楽がかかるからです。日本の民謡の番組もあります。ある日、そこでかかった歌を聴いて僕は全身凍り付くような恐怖を覚えました。 「菅笠節」兵庫の民謡です。歌われているのは西鶴の「好色五人女」第一話、お夏…

Nao Yoshioka

土曜の午後はNHK FMの「ラジオマンジャック」です。なかなかなお笑いと、ご機嫌な選曲の番組です。 前回、こういう日本人がいることを誇りに思う、と思ったのが、Nao Yoshiokaさん。ライブ録音。赤坂さんが言った通り、向こうの人は出会った才能に即座に反応…

甲州街道はもう秋なのさ

昨日NHKでRCサクセションのアルバム「シングルマン」のマスターテープを当時の関係者が会して聞き直す、という番組を見ました。名盤誕生秘話というこの企画は、ユーミンの「ひこうき雲」から始まりました。多数のレコーディングをしてきたミュージシャンたち…

昭和の歌謡曲を支えた名ベーシスト江藤 勲氏を偲ぶ

江藤氏が4月25日に亡くなった。知る人ぞ知る名ベーシストだった。 http://www.eto-isao-bass.jpn.org/Eto_Isao/Welcome.html 江藤氏の名前を知らない人がほとんどだと思います。しかし、ディスコグラフィーを見てください。これらの曲を聴いたことのない…

「Blues ain't nothing but a good woman gone bad」Jasmine Kara

まさかこの21世紀、アルバムの1曲目冒頭で「ファイアー」なんてシャウトを聴こうとは思いもしませんでした。こてこて60年代ブラックミュージックです。暑苦しいです。 なんとこの女性歌手、北欧スウェーデンの方だとか。ちょっと前にジェスストーンは聴…

「Minha Dolores Nina Becker canta Dolores Duran 」

大洋レコードさんのおかげで、ブラジル音楽の中でも僕好みの作品、それも現在の、に出会うことが多くなりました。今回はもうとびきり上等の女性ボーカル、アコースティックなアルバム。 とにかく歌の表現が素晴らしい。浅学なので、歌い手のポジションとか分…

歌はその人のもの

youtubeで昨年末のライブ映像を公開している。時々アクセス数をみに行く。驚いたことに「マイレボリューション」が400近い。骨折後思うようにならない左手の指に苦悶しながらの演奏だった。アマチュアだからこそ聴いてくれるのはとても嬉しい。 関連映像にア…

「偽」にせよ「ベートーベン」は破格の扱いでは?

ヒットしたCDの作曲者が実は別人だったらしい。僕は話題の作品をまったく聴いていない。広島に関しては林光さんの「原爆小景」以上の作品はありえないと思っていたから。最初に聴いたときはまだ未完だったのだ。「水ヲ下サイ」を最初に聴いたときには本当に…