海辺の風景

海野さだゆきブログ

『絶体絶命都市4PLUS』

絶体絶命都市4PLUS』

 

f:id:pampusnews:20181203133104j:plain

絶体絶命都市4PLUSスクリーンショット

www.zettai-zetsumei.jp

すでに2周目です。2011年に発売するはずだったそうですが、開発が間に合わず一旦中止になったといういきさつがあります。ゲームの世界で7年という月日はとてつもなく長い時間でしょう。この2018年に発売されたゲームと比べると、正直色々な側面で辛いものがあります。

 

そして、未完成ぶりも問題でしょう。バグもそうですが、どうにも中途半端なエピソードがいくつもあるのです。おいおい、これはどうなったの?とプレイして思うことはあります。

 

繰り出されるエピソードも「胸糞悪い」という評判を投げつけられていますが、それもその通りでしょう。

 

ですが、それでも僕はこのゲームはたといこの状態であっても出してくれてよかったと思うのです。

 

前半、悪夢のような状況から、ほんの道一本隔てたところで、突然「何もなかったような光景」が目の前に広がって、めまいがしました。

 

そうです。やった、もしくはやっている方は、紫陽花交差点、つまり上にアップした状況から、カキツバタ大通りに出たところを思い出してください。

 

そこには、何もなかったように、大勢の勤め人たちが歩いているのです。もちろん、何事もなかったわけであるはずはないのですが、歩くのさえ困難なところから、オフィス街を行き交う大勢の人が、「いつものオフィス街の喧騒」に見えて、自分がどこにいるのかを見失うほど、めまいさえするほど、ショックでした。

 

実際の被災地でも、道路一本隔てると「別世界」のようなことがあったそうです。ほんの数キロ先では何も変らない日常が営めたことがあったのも確かなようです。災害は「平等」に襲ってくるわけではないのです。

 

そのあまりのギャップ。僕はそこに猛烈なリアルを感じたのです。

 

このゲーム、主人公に排泄欲求があります。それで僕が思い出したのは、東日本大震災の時、救援の自衛隊の指揮官が、隊員たちに指定場所以外の排泄を絶対にしないように話した、ということです(出典は震災をレポートした雑誌だったと思います)。

 

どこに遺体があるのか分からないからです。

 

破壊された街の生々しい描写は、相当に覚悟と根気がなければ取り組めないでしょう。なぜならば、そこには遺体がある可能性が高いからです。ゲーム製作スタッフの方々にプレッシャーがなかったはずはないと想像します。

 

「これでよいのか?」と思い始めたら製作はできなくなるでしょう。でも、やはり伝えなくてはならない、そういう思いがあればこそ、世に出すところまでなんとかもって行けたのでは、と。

 

クソゲー」?結構じゃないですか、僕は若い頃「低俗映画」ばかりをのべ2000本は観ました。低予算、たりないスタッフ、そうしたなかでも、志のある映画かどうかは観れば分かりました。そして、僕はいつもこう言っていました。

 

世に出る映画の99%は駄作。だから素晴らしいのです。魂をゆさぶる1%の傑作が、無数の映画を産み出しているのだから。

 

このバグだらけ、欠点だらけのゲームが「ひとのこころを動かす」という一点で傑作となる日が来るかもしれないではないですか。

 

JCOM端末の発熱対策

JCOM端末がいつもひどく熱を持つのです。私のところはHUMAX WA-7600というものなんですけど。触るのも憚れるほどの温度になるのです。

 

それが原因なのか、時々、コントロール不能に陥ります。リセットすればよいのですけど、rebootに結構時間がかかり、不便です。観たい番組へチャンネルを変更するときに初めて気が付くのですから、ちょっといただけません。この夏は猛暑だったせいか、この「熱暴走」らしき症状が多発しました。

 

もちろん、ファームウエアは最新にしてあります。バグというよりも熱暴走を疑いました。

 

どうも、中では大きなHeat Sinkがあります。そして、とても小さなファンもあるのですけど、僕には冷却能力が足りていないのではないかと思われたのです。

 

なので、Heat Sinkを追加しました。表面積が少しでも大きくなれば、それだけ放熱能力が上がるのでは、と思ったのです。パソコン用の後付けHeat Sinkを購入し、もとのHeat Sinkに張り付けました。

 

これは効果がありました。フリーズの頻度が下がったのです。しかし、まだなお、時々起るのです。

 

USB端子が空いていますので、それを利用して外部ファン追加することで徹底的な熱暴走対策をすることにしました。

 

f:id:pampusnews:20181130112921j:plain

HUMAX WA-7600発熱対策

函体の熱感は完全に消失しました。これでフリーズがなくなれば良いのですが。しばらく様子を見ます。

 

『はしっぽ花星』全2巻 こがわみさき 著

僕が1972年に発見した少女マンガは、こういうものでした。すなわち、

 

小さい波動のおりなすレゾナンス。

 

一読で虜になってしまったのは、風景描写の中に心象風景を表現する石ノ森先生が大好きだったからだろうとおもいます。

 

少年漫画は互いの違いを拡大して行くことで、それこそ力づくで、その異差を運動エネルギーに変えて物語を駆動して行くものでした。そこには敵と味方だけです。敵を倒すために主人公は力を増大させますが、敵はそれに対応して更に強力になってゆく、その繰り返しなのです。

 

しかし、大きくすそ野を広げた少年漫画はそうした単純な力学ではなく動いて行く世界を描く作家を何人も産み出しました。石ノ森先生もそうでした。

 

そして、『巨人の星』です。主人公の最大のライバル、花形満は主人公の姉に星飛雄馬への深い共感を告白します。味方を自認する者たちよりも敵であるはずの花形の方がずっと、理解も共感も大きいという、人間と人間との関係の在り方は、当時「根性で敵を倒す」などという理解とは無縁の広く大きく深い世界を読者である少年に開示したと思います。

 

ああ、これは大きなメロディが動くものではない、小さな半音たちが織り成す複雑な、美しくもあり汚くもあり、深くもなく、短く、すぐに消えてしまうあの、レゾナンスの感じだ、、、、と1972年冬、誰もいない病院の待合室に読み捨てられていた少女マンガ雑誌を広げていた車いすの僕は、その響きが照明の落ちた夕方の窓から聞こえるように思えたのでした。

 

言いそびれてしまった事。渡しそびれてしまった何か。記憶の底にある、そこだけがあやふやな思い出。人の形をしたやさしいもの。

 

そう、確かに「おもいでのひとつぶ」になってしまっているのかもしれない。でも、そのちいさな一粒はかすかですが、半音たちが奏でるレゾナンスを今でも、そうです、50年ちかく経過した今も響かせています。

 

襟をまくるいたづらをした若葉がきゅんとする。その半音階。僕はそれを知っています。40年前に聴えたその響きは、すぐに人の輪郭を持ち始め、空気の流れが渦を巻き、色が次第に浮き上がり、鮮やかに、その襟元、むすんだ髪、ぎこちない笑顔、そうした半音たちが、テリーライリーに調律された純音階のミニマムミュージックとなって星空にちらばってゆくのです。

 

人生がわかるよ、とか、思想が理解できるよとかの、大きな共感、同意では、なく「うん、それわかるよ」という小さな響き。ちょっとした違いが生じさせる半音たちのレゾナンス。

 

そう、僕は少女マンガのおかげで、そうした「なんでもない」小さな半音たちの響きを50年たってもわすれずに思い出せる人間になることができました。

 

 

遠い昨日 還暦を迎えて

還暦からまもなく、激震が走りました。中学の時からの友人が亡くなったのです。いまだ情報を整理するどころか、まったく現実を受け入れられません。聞いたところでは仕事の現場に向かう途中、動脈瘤が破裂したとか。

 

友人は1年ほど前に一度倒れて、危ないところまでいったのでした。入院先からの本人連絡で本当に驚きました。そのとき、僕はペースを変える時期が来たんだよ、と話したように覚えています。

 

僕は4年前にもうこのままではやってゆけない、と判断して、仕事を「老人向け」の低賃金、低負荷に変更しました。もちろん、そうした「老人向け」しかなかったのも実際ですが、僕は自分の寿命を64歳だと「計測」していたので、残り少ない人生をマイペース方向にと舵を切ったのでした。

 

観念上は30歳とかかもしれませんけど、現実はじじいなんです。データは物語るんです。一瞬のパワーならば出せるでしょうけど、回復力は壊滅的に低下しているんです。だから、今までのペースは危険なんです。

 

「待ての声も聞かずに」

 

気持の整理はつきません。普段の付き合いもそれほどの頻度であったわけでもありませんでした。このところは、その前の入院連絡以来、お互い連絡をとっていませんでした。

 

せめてものなぐさみは、僕が雇われ仕事でかかわった舞台、そして僕が主催したコンサートの映像を仕事として撮ってもらって、作品として残せたことです。

 

天才だったと思います。舞台撮影専門でやっていましたけど、友人の傑作は芸術祭参加の舞台撮影でもなければ、海外での舞台撮影でもなかったと思います。

 

それは、友人のお子さんが通っていた保育園のお散歩を撮った短いビデオです。園から出発、近くの公園で遊ぶ光景を納めた映像は、カメラが風となって、子供達と遊んでいるような、夢のような「映画」でした。僕はそれを観た時、ぼろぼろ涙が流れました。本当の天才にだけ撮れる素晴らしい絵でした。

 

心から冥福を祈ります。そして、心からの誓いを再び僕は確認したのでした。

 

僕は使いきって動かなくなるまで動きを止めないよ、と。

iLock?

はてな、Ivory IIの音が出なくなりました。おっかしいなあ、つい先日まで使えたのに。

 

Ivory Library Toolを走らせてみると、なんと「ライセンスがおかしいよ」とお怒り。そのライセンスを管理しているiLockをみてみると、ちゃんとライセンスは得られている状態と表示。

 

しかし、よく見ると、表示されている情報が少ないのです。これは、もしかすると、不具合が出ているのかも、とiLockの最新ドライバを再インストールしてみました。

 

で、どうも、マシンでアクティベイトさせるとオッケイみたいなのでした。このあたりの事情はどうしてだったのか、すっかり忘れていますので、なんとも適当なんですけど。

 

これ、もしかしたら、Windows 10のOctober 2018 Updateでしたっけ、大きなバージョンアップが関係したのかもしれません。当て推量ですが。Windows 10はセキュリティが向上してきていますが、アプリケーションの方が追い付いていないのかもしれません。

 

なににせよ、復活。めでたし。

libasound2-plugins-1.1.7-1のバグ

debian testingの話です。

 

アップグレード後音がでなくなりました。pulseaudioはダミーしか表示しません。

 

aplay -L

 

をすると、あれまあ、デバイスが出てこず、設定ファイルがないよ、と怒っています。

 

changelogなどを読むと、どうも/etc/alsa/conf.dはもう読みに行かないように変更されたようで、/usr/share/alsa/alsa.conf.dにないファイルをリンクが残っているために読みに行ってしまっているようでした。

 

なので、/etc/alsa/conf.dに残っている死んだリンクを削除。aplay -Lではずらりとデバイスが出まして、pulseaudioを一旦

 

pulseaudio --kill

 

して、

 

pulseaudio --start

 

で復活。ちょっと調べるのに時間がかかってしまいました。

 

『.hack G.U last record』

『エンターテインメントという薬』という本で号泣した僕は、そもそもこのゲームをしたことがなかったのでした。この作品は2006年から2007年にかけて発売された三部作だったのですね。それがリマスターされ、第四部が追加されたのですね。

 

ゲームの中でゲームにログインしたり、ログアウトしてメールを見たりするのは中々に新鮮で面白い仕組みだと思いました。ここではゲームは「メタゲーム」なんですね。

 

当時はまだまだ回線速度が出ていませんから、ネットゲームを実感できた人はまれだったのではないでしょうか。このゲームはその未経験の人にネットゲームを感じてもらうための色々な工夫がしてあるように思いました。

 

そう、「メタゲーム」感です。その「メタ」と現実との関係性を暗示するような「未帰還者」「ドッペルゲンガー」。なかなかおもしろかったです。「未帰還者」と聞けば押井監督ファンならば、すぐに『アヴァロン』を思い出しますよね。もちろん僕もそうです。あの「黄金色」のほの暗い雰囲気をこのゲームでも感じることができます。

 

次第に明らかになって行くThe Worldというゲームの真実。主人公の変化。新たな出会い。ストーリーが面白いのです。戦闘は確かにちょっと単調かもしれないですけど、「ドッペルゲンガー」という仕掛けにはうならされました。あれ、気が付かないと全然前に進みません。ネットワークゲーム上の人格とリアルの人格との関係を問うているような、そんな仕掛けのように感じました。

 

現在『S.A.O』をちょっと始めていますが、本当に選択肢が多くなったのに驚きます。僕には『.hack』くらいが丁度良いです。操作を覚えきれないので(笑)。途中、操作へのアドバイスが出る『.hack』の仕組みは、健忘な老人にはありがたかったです。

 

三部作は確かに長大でしたけど、僕はまったく飽きることもだれることもなく、それどころか、この先どうなるのか、と興味がつきませんでした。なかなかの傑作ではないでしょうか。

 

かの青年がどうしても見たかった、やりたかった、その気持がわかりました。第四部がプレイできて、本当に良かったですね。あの、ヘンテコな方のエンディングも楽しめたのかなあ(笑)