読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海辺の風景

海野さだゆきブログ

『バスケの女神様』内々けやき 著 全3巻

覚悟を決めた告白も無惨に砕け散り、傷心のまま移住した先、島根で主人公は颯爽たるお隣りさんのバスケ少女と知り合いとなる。主人公の素質を感じたお隣りさんは彼女をバスケットボールへいざなう。

 

この作品も作者も知りませんでした。電子書籍販売の「お勧め」をさすらうのが結構好きでして、この作品もそうした中偶然に発見しました。これ、結構傑作ではないでしょうか。

 

スポーツまんがではもちろんその肉体の動きが一番の見せ場ですし、重要なのだと思います。その点、この作者の絵は素晴らしいのです。独特のデフォルメのセンスがあるのですが、それがよいです。もしかしたら「レンズ」の使い分けを知っているのではないでしょうか。アニメーションの技法を、つまり映画の技法をよくご存じなような気がします。作中カメラ小僧が時々出てきますから、確実でしょう。。。

 

特にバスケットは、ゴーストップ、ターン、ジャンプと瞬間的な動きが多い競技だと思います。まあ、もちろん全部読んだわけではないですけど、多くのまんがは「迫力」を出そうとしてどこかしら妙な「軽さ」を感じるのです。

 

しかし、この作者は広角、はては魚眼、望遠、などなど、これでもかと駆使して、画面に「重さ」があるんです。人間が走ってるぜーっと。体重を感じる動きですね。たとえば第1巻P168、主人公が突然のパスを受け損ねてボールで顔面を強打してしまう場面。ボールが衝突の前の2コマで重さを「加速」するんです。うわあ、いっ痛いーーーーって感じました。

 

あ、ストーリーやキャラクタも素敵です。まあ、女子がじゃんじゃん出てきますから、例の「かわい子ちゃん5人以上出しとけ」みたいですけど、どの女の子も勝負にかけてますから、結構怖い表情みせますので、単純に萌えとはなりません。

 

スポーツまんがの傑作ですよ、ぜひ読んで頂きたいです。

 

新作の『グレートヤンキーみちるくん』も素敵です。ばりばり活躍して欲しいマンガ家さんです。はい。