読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海辺の風景

海野さだゆきブログ

『「巨人軍改革」戦記』清武英利 著 新潮社

巨人軍のGMだった清武さんのコラムをまとめたもの。内容はジャイアンツの、それも改革案、実際に行われたこと、などとても充実しています。プロスポーツ経営の王道じゃないか、と思いました。でも、彼は解雇され、もとの会社と係争中。なんだかなあ。。。

 

お家騒動が年中行事になっているという、恥ずかしい面を持っている我がタイガースの迷走ぶりからしてみれば、将来を見越した我慢強い経営を着実に行って来ているなあ、と見ていました。

 

なにしろ、若手が活躍したんです、ジャイアンツは。ロートル頼みで、最後に失速するというパターンを飽きもせず繰り返したタイガースとは対照的。

 

そのジャイアンツも、より徹底した育成強化策をとっているホークスやファイターズには遅れを取っているのですから。

 

しかし、昨年のシーズン、ジャイアンツはどうして太田選手を引っ込めてしまったのでしょうか。いやあ、とんでもないのが出てきた、と僕はびびってんですよ、正直。久々に日本人のホームラン王が出てきそうだ、って。

 

まあ、色々あるんでしょう。タイガースも野原選手とか、長距離打てる選手を解雇しちゃったり、がっかりさせられました。中田選手を我慢強く使い続けて、リーグを代表する4番に育てたファイターズが羨ましかったです。柳田選手をあそこまで伸ばしたホークスが羨ましかったです。

 

強いジャイアンツがあればこそ、強いタイガースも輝くってものです。と、東京のタイガースファンは思います。

 

しかし、ここまでジャイアンツのことを思い、考え、実行し、結果も出してきた人をあっさり解雇、おまけに訴訟までするって、どういう事なんでしょう。わかりません。

 

日本プロ野球に「ヨハンクライフ」は出てこないのでしょうか。いえ、きっと、出てくると思います。過去にちゃんといたのですから。