読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海辺の風景

海野さだゆきブログ

「後宮楽園球場」石川博品 著 wingheart イラスト

ライトノベル

主人公は復讐のために男の身を女に化けさせ、後宮に下層の使用人として入りこむ。復讐の標的は皇帝。

 

後宮では女子たちだけでリーグ戦が行われていた。それも野球である。民族の成り立ちに野球は深く関わっており、その記憶をとどめるという儀式的な意味合いもある。

 

ハーレムもの、という、まあ主人公がもてもてのライトノベルも多い。「ねーよ」の最たるもの。じゃあ、ハーレムに入っちゃえば、という発想だったのかしら。

 

まあ、女子だけだし、舞台はどうも暑いところみたいなので、まあ露出度は100%。主人公は目的が目的だけにかなり我慢強いですけど、まあ、無理ですよね、この状況では。

 

しかーし、作者の関心はそういうハーレム潜入にはないようです、はい。野球の試合、これが3イニング制、それも各イニングはテニスのセットのように、とる、取られる、で決める、という、ルール。試合は必ず点が入っていたけど、ゼロ同士ではどうなったっけ?はて。。。。

 

野球の内容は、まあプロ野球ファンが知っているだろう範囲の戦術やテクニックで記述されている。そのあたりは常識的なのですけど、出てくるのが、半獣人だったり、宇宙人だったり、とまあ、ぶっとんでますね、そこが変ってますね、あ、吸血鬼も、これは作者のお好みなのかな、他の作品でもいましたね、吸血鬼。

 

なんか、なんでもアリぶりがライトノベルらしさ満点なので、楽しく読めますけど、いじわるに見れば、あらゆる要素が中途半端ってことになっちゃうんです。

 

まあ、これで野球の内容が「アストロ」してたら、誰も読まない?いや、僕はその位じゃあないとライトノベルっぽくない、と思っちゃいましたけど、どうでしょう。半額の弁当で壮絶なバトルが起るのがライトノベルですから。

 

あ、でも、野球漫画をたんまり読んでいないとわからない、みたいなのだと今の読者はついてゆけませんか?

 

誰かやってくれませんかね、女子バージョンの「アストロ球団