読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海辺の風景

海野さだゆきブログ

始まった

よりよい「もの」を求めて徘徊するようになって、何がよいのかさえわからなくなっていても、停止することはなかった。少しでも口当たりのよい「情報」があればそれを口にして、その「もの」を自分の手元に置いてみた。しかし、置いても使わなかった。自分が欲しいのか、誰かが欲しいのか、誰かが欲しがって欲しいのか、混乱は混乱を生み、もう自分の意志が実体を失っていた。

 

腹がヘルから食べていた時代はもう終わったんです。

 

その時代にもう一度腹がヘルから食べる自分に戻ろうと決心した。注入された情報量は膨大であり、どこに自分の意志などあるのだろうかと思う程だ。自分探しでさえ「そういう情報」なのだ。

 

が、どこかでまだ生き残っている。それがよい証拠に「やってきたことの一貫性」がまだあった。子供時代、青春時代、そして今。しつこくやっていることがあるのだ。それが情報の瓦礫に埋もれている自分を救出する脱出ロープになりうることが分かった。

 

Earth Visionから何年経ったのだろう。もう二度とないだろう集まりはしかし、確かにあった。そこでとんちんかんな問答をやっていた僕だが、そこでかすかに示された事柄の中にもそれはあった。

 

もう、わかったよ。自分の中で貶められていたことの最大のことは生き延びる、ということ。

 

たまった「ゴミ」は膨大であるが、片付けられないわけじゃない。さっそくやってやるさ。

 

人生下り坂でごみを大量に背負っていては邪魔だ。邪魔だ。邪魔だ。

 

もともと身軽なんだ。元のとおりに身軽になるさ。

 

また、何か言いたくなることがあれば言うさ。