読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海辺の風景

海野さだゆきブログ

『世界で2番目におもしろいライトノベル』石原 宙 著 H2SO4イラスト

ゲームが成熟期を迎えているのではないのかなあ、と遅れてきたゲーム好き老人は思うのです。で、もともとはそのゲームのノベル化みたいなのがお得意だったライトノベルも同じ現象が起きているように思います。 ゲームの「設定」自体に自己言及しているみたい…

『こうして魔女は生きることにした』文野はじめ著 蜂八憲 イラスト

主人公女子は中学生にして文学賞を受賞した天才少年の挑発に乗って、「恋愛ものの取材対象」のような契約を交す。高慢ちきな少年作家に反発を感じていた彼女も作品を読むことで創作の魔法にかかってゆく。。。。 で、良いのかなあ。。。。。ねーよ帝国主義女…

『宇宙人の村へようこそ』松屋大好 著 霜月えいと イラスト

母親の故郷に転居転校した主人公男子。あらゆることが常識はずれけた外れでとまどい振り回される日々。ここって過去に漂着した地球外生命の子孫の作った場所らしい。 ライトノベル的に「ねーよ」くらいにできる主人公が、転居先であっさり平凡以下になってし…

『クソゲー・オンライン(仮) 「運営は全員逃げたけどなんの問題もないわ!」ちとせ八十八 著 にろ 東雲太郎 イラスト』

なんてタイトルだろうかと思いましたら『ざるそば』の作者さんだったのですね。運営が逃げ出し、宣伝したステージも未実装、おまけにユーザがリミットを切りそうで、サービス停止寸前の状態のオンラインゲーム。そこに参加していた主人公はゲームマスターに…

『ブギ─ポップは笑わない』上遠野浩平 著 緒方剛志 イラスト

この作品も有名どころですよね。ホラーっていうべきなんでしょうか。不気味さとか、閉鎖的な空間で行われる息苦しさとか、なかなか読ませますよね。そして、異常心理へのアプローチが新しかったのでしょうか。 話は登場人物の視点で描かれ、その視点が移動す…

『涼宮ハルヒの憂鬱』谷川流 著 いとうのいぢ イラスト

ライトノベルを読み出してしばらくたちますけど、有名どころは読んでいませんでした。このシリーズは色々なことの初めとされていましたので、興味深く読みました。 読みはじめて、あれ?なんだか普通の学園モノの話運びに意外な感じがしました。確かにしっか…

『ストレンジガールは甘い手のひらの上で踊る』森田季節 著 文倉十 イラスト

まさかの「ベネズエラ ビター」「プリンセス ビター まいす マイスウィート」の続編って、本当にそうですね。 タマシイビト、イケニエビトの終りなき物語。ですけど、今回は、記憶をめぐるサスペンスとなっています。 最初は正直ちょっとダルイ感じがしまし…

『ざるそば(かわいい)』つちせ八十八 著 憂姫はぐれ イラスト

ギャグ、特にナンセンスギャグは揺り動かないポリシーが必要です。正面切って設定された人物やらなにやらを簡単に置き換える程度では本歌取りにもなりません。元ネタを逆照射することで、元ネタが持っていたテーマ性を先鋭化するくらいの根性がなければ、単…

『きんいろカルテット!』第1巻 遊歩新夢 著 DSスマイル イラスト

ライトノベルには天才しかいないのです。 いくつかライトノベルで、ですが、音楽ものを読んできました。どうも納得できる作品に出会えませんでした。実はこれはまんがでも同じでした。たまたまそういう巡り合わせなのかもしれないですけど、こうも出会えない…

アニメ2題 「ボイス坂」「アニソンの神様」

『ボイス坂』高遠るい 著 イラスト 声優になることに目覚めた主人公。あふれる自信をもって進んだ専門学校。しかしながら現実との摩擦。あしたはどっちだ。 声優というのはアニメの現実への担保なのかもしれないですね。生身の彼らが虚構のアニメの現実性を…

『花X華』全8巻 岩田洋季 著 涼香 イラスト 電撃文庫

長かった。ねーよ帝国には天才しかいないんですね。 ーーーーーーー。 それだけかよって、それだけです。はい。学校一番のかわい子ちゃん、それもふたり、に好かれる主人公は、そのふたりをカメラに収める特権も持っている、というまさにねーよ帝国主義の理…

『レーシングガールズ』色川地球王 著 瞭 イラスト

人気売り上げ低迷への対策として若いスタッフが考えたのは、「オートレース萌え化」という時流に乗りたい願望丸出しの企画であった。しかし、それは従来のファンはもとよりオートレースに関わる者たちの反感を買うだけだった。そこに紛れ込んでしまったのは…

「花守の竜の叙情詩」全3巻 淡路帆希 著 フルーツパンチ イラスト ファンタジア文庫

「欝展開」と言った方がいました。なるほどです。ファンタジーというのは僕には「時代劇」なんです。 若い年代には江戸以前とかはもうなじみがないのだと思います。周囲からそうした「歴史」がすっかり姿を消してしまい、どちらかといえば西洋風なものばかり…

「ガンパレードマーチ2K未来へ」第4巻 榊涼介 著 きむらじゅんこ イラスト

小説ガンパレの最終巻。あとから来たファンである僕は榊ガンパレこそガンパレなのです。なにしろまだゲームの方はやり終えていないどころか、やりはじめの段階なのです。つまり、僕は小説としての面白さでずっと読んできたわけです。 再び九州を舞台にした戦…

「のうりん」第11巻 白鳥士郎 著 切符 イラスト

全国民必読の書も11巻です。電車で読みましたけど、笑いをこらえきれませんでした。はい。 べっきーの結婚雑誌の話といい、良く調べたなあ、と思うと同時に、これが笑えるって、実は深刻な問題かも、と思いました。現実で行われていることが、ちょっと視点…

「アスラクライン」全14巻 三雲岳斗 著 和狸ナオ イラスト

ねーよ帝国主義による一種の学園異能バトルもの。長かった。おもしろくないのかといえば、面白いのですけど、なにしろずっとライトノベルを読み続けているのでいささか食傷気味になっていまして。 相変わらず、世界の一大事なのにご近所で物事が進みますし、…

「ジョーカーズ!!」ノギノアキゾウ 著 群青ビズ イラスト

スマホの非合法アプリが超能力を付与するという世界。主人公はおもしろくあればなんでもオッケイ、という大衆のエネルギーをその源とする非合法アプリを駆使するふたつの流れに巻き込まれる。ひとつは面白ければオッケイをそのまま活動原理とする団体。もう…

「後宮楽園球場」第2巻 石川博品 著 wingheart イラスト

あれの続きがあったとは。思わず購入です。帯に「美少女、お色気、スポ根」とありますけど、まんま、ですね。 本筋は主人公の復讐譚なので、それが成功するまで、あるいは失敗するまで話は続けられるのは構造的にはその通りなのですけど、狭い後宮で野球で、…

「リバース ブラッド」全6巻 一柳凪 著 ヤス イラスト

自己により記憶をなくした主人公はやがて連続殺人事件に巻き込まれてゆく。そこにはある男が引き起こした世界の異変が深く関わっていた。 これも異能バトルものってことなんでしょうか。出だしのところはホラーの趣きが強くて、これはなんとなく乱歩っぽいな…

「天使の3P」蒼山サグ 著 てぃんくる イラスト

ネットで自作曲を公開していた主人公は、曲のファンだという人物から会いたいというメールを受け取る。勇気を出して会いに行った彼を待っていたのは、小学生女子3人組だった。 ねーよ帝国主義らしく「かわい子ちゃん5人出しておけ」なのですけど、うち4人…

「レジン キャスト ミルク」全8巻 別巻2巻 藤原 祐著 椋本夏夜 イラスト

現実とは別の、もしかしたら存在したかもしれない現実に存在した人間たち、彼らは現実の人間を利用してその存在をこの現実に維持している。彼らは例外なく特殊な力を持つ。 まあ、学園異能バトルものってことなのだと思います。話が長かった。。。。。シュレ…

「お隣の魔法使い 始まりは一つの呪文」篠崎砂美 著 尾谷おさむイラスト

主人公、女子学生さん、の隣に突然引っ越してきたのは、不思議な若い男性でした。。。 。。。。。。 このイケメン隣人、どうも魔法使いらしいのだけど、自らはもちろん、時々訪ねてくる奇妙なお知り合いも彼の正体を明かしてはくれません。主人公はなんだか…

「瑠璃色にボケた日常」全4巻 伊達康 著 えれっとイラスト

いわゆる「学園異能バトルもの」でしょうか。事故で野球選手生命を絶たれた主人公は、チームメイトの亡霊に悩みます。そしてうわさを聞いて、学内にある「おはらい研究会」を訪ねます。そこは実は「おわらい研究会」。ひとりしかいない部員は小柄な美少女。…

「レターズ/ヴァニシング」1、2巻 旭蓑雄 著 おぐちイラスト 電撃文庫

世界の物質のすべてが世界言語と呼ばれるものによって記述されたものであることが発見された。人類は視覚器官を手術することでその言語を可視化でき、一部の人間はその言語の書き換えさえできるという。 話は怪物と恐れられた存在、でも少女なんですけど、を…

「温泉ドラゴン王国」全3巻 山川進 著 児玉酉イラスト オーバーラップ文庫

極東の小国、ユ国は財政難に直面していた。旅の隣国研究者から自国の温泉が貴重な資源であることを知った王子は、温泉を目玉にした観光立国を思い立つ。隣国の妨害などで温泉立国はなかなか進まない。 古代ローマ人が現代日本の銭湯に触発され、という話のラ…

「それがどうしたっ」全3巻 赤井紅介 著 得能正太郎 イラスト スーパーダッシュ文庫

場面は主人公の極度の「言葉がでない」状態の描写から始まります。その空まわりぶりは気の毒なくらいですが、なぜか彼は幼なじみの少女とその女友だち、両方とも美少女、出ましたねーよ帝国主義、には気楽に話ができるのです。 主人公の家庭状況が最悪なこと…

「のうりん」第10巻 白鳥士郎 著 切符 イラスト GA文庫

日本の未来を現在を語るものならば、この作品を読まずにはいられないでしょう。え?そんな重要な作品ですかって?重要です。極めて重要です。 シモネタに堪えられればの話ですが。。。。。いや、文部省特選、農林水産省特選作品なのですけど。。。。それがな…

「桐野くんには彼女がいない!?」川口士 著 美弥月つかさイラスト

なんとも不思議な感じでした。最初はゆるーい部活の描写が続き、そういう間延びした話なのかな、と思っていましたら、主人公突然「異能バトル」。。。。。 美少女は揃っていますし、三角関係というかハーレム展開ですし、異能バトルですし、伝奇的な設定へと…

「恋する鬼門のプロトコル」全3巻出口きぬごし著 をんイラスト 電撃文庫

異能バトルもの。幽霊が見えるという能力がある主人公。高校入学で同じクラスになった美少女に触れた途端にとんでもないものに襲われます。彼女には霊狐という超現実的な存在がとりついており、彼が襲われたのはその霊狐にかけられた呪詛だったのでした。 付…

「おねえちゃん再起動」佐々宮ちるだ 著 いわさきたかしイラスト

変わり者であった祖父宅の整理をしていた主人公は、とんでもない誕生日プレゼントを受け取ります。それは亡き双子の姉。天才と謳われた祖父は、姉たちの人格を人工知能で再現、そのうえ身体まで再現していたのでした。 うーーーん、ねーよ帝国主義は「姉」ま…

「雨乞い部」全2巻 青柳碧人 著 KEIイラスト 講談社ラノベ文庫

ライトノベルの学園ものにはへんてこな部活動が色々出てきます。これはなんと「雨乞い」。僕はてっきり人工降雨技術を駆使した、ばりばりに理系の部活動だと思っていたわけです。 ところが、これが古典というか原始的というか、由緒正しい雨乞いの「踊り」を…

「クダンの話をしましょうか」全2巻 内山靖二郎著 朝未 イラスト MF文庫J

クダンという謎の美少女を狂言回しに展開する短編連作。僕は即座に楳図さんの「おろち」を思い出しました。 さて、この大分とかわいらしくて、親しみが持てる現代のおろちさんは、「おねえさん」と同じく出目などすべて謎です。わかるのは彼女が「鵺」を探し…

「少女人形と撃砕少年」渡辺僚一著 馬越嘉彦イラスト スーパーダッシュ文庫

「ねーよ帝国主義」はすごい変化球を用意していました。冒頭、いきなり美少女がスカートをまくる。普通ねーよ、そんなの、頼むよ、と思うのはあさはか村でした。 彼女は「人間」ではなかったのでした。は?。平たく言えば人造人間。なので人間のことは学習中…

「ジャンクガール ジグ」全2巻 日日日著 エナミカツミ イラスト

「アンダカの怪造学」の 前日談。主人公は爆川ちゃん。。。。。本編では大人な皆さんの青年、少年時代。。。。。 いやあ、実は「アンダカ」苦手だったんです。ちゃんと10巻全部読みましたよ、でもね。何故かというと 子供が悲惨なんです。僕は子供が悲惨な…

「ボンクラーズ ドントクライ」大樹連司 著 白味噌イラスト ガガガ文庫

映画を撮らない映画部。自称監督のカントクはヒーロー特撮モノマニア、言うことは言うが実行を全く伴わない。それに付き合う主人公は成り行きまかせだけど、それもまた楽しい。 赴任した美女先生が貸してくれたビデオカメラ、それを奪還しに来た男の格好をし…

「薬屋のひとりごと」日向夏 著 しのとうこイラスト

あら、もう2巻が出ていたのね、と購入 主人公の猫猫は男にとって都合のよい女ではない。 なにしろ「ねーよ」、そんな女の子いねーよの略、オンパレードのライトノベルです。愛嬌ゼロの若い女性が主人公というのは珍しい、というか、なんで「ヒーロー文庫」…

「黒崎麻由の瞳に映る美しい世界」久遠侑 著 はねことイラスト

静寂をまとう美しい同級生、そう、美人じゃないといけないんですよね、は群れないゆえか、存在感だけは誰もがみとめるところなんですけど、没交渉故に、その心情を知る者はいなかったんですね。 主人公は学園祭の準備の中、いるにはいるけど何もしないで座っ…

「廃線上のアリス」サト真希 著 フカヒレ イラスト ぽにきゃんBOOKS

傷心の少年はひなびた港のある街にやってきた。幼いころに別離した父親の家に身を寄せるために。その途上、廃線を歩く少年は雨に濡れながら裸足で歩く少女と遭遇する。 少年の事情は次第に明らかになって行きます。彼は自分の過去と自分自身を取り戻して行き…

「ガンパレードマーチ2K未来へ」第3巻 榊涼介著 きむらじゅんこイラスト

何度も言うけど、僕はひどく遅れてきたガンパレのファン。なにしろゲームもまだ一度もクリアできていないくらい。ただ榊さんのガンパレはすべて読んでいます。というわけで、僕にとって榊さんのガンパレがガンパレなのです。 ガンパレの設定をつきつめてゆく…

「犯人がわかりますん。」黒沼昇 著 ふさたか式部 イラスト

予知能力をもつ主人公男子、天才女子高校生推理小説作家、美人の令嬢。不可思議な事件。と来ると、陰惨凄惨な展開か、と思うのは、小栗虫太郎とかの読みすぎかしら。 話はなかなか複雑な展開をします。そして、ライトノベルらしく、コメディ的に。しかし、そ…

「太陽で台風2」はむばね 著 岸田メル イラスト

「ねーよ」と5回つぶやいたところで、ふと思いました。 この「ねーよ」の部分は「そうあって欲しい」ということなの? この華という女の子は、とにかく自分の気持に正直に行動します。躊躇がないのです。とにかく積極的。そうなの?女の子に自分の気持をば…

「後宮楽園球場」石川博品 著 wingheart イラスト

主人公は復讐のために男の身を女に化けさせ、後宮に下層の使用人として入りこむ。復讐の標的は皇帝。 後宮では女子たちだけでリーグ戦が行われていた。それも野球である。民族の成り立ちに野球は深く関わっており、その記憶をとどめるという儀式的な意味合い…

「太陽で台風」はむばね著 岸田メル イラスト

溜め込むと感想が薄くなるので、読み終えた時点で書くことにしました。 ライトノベルに登場する女の子は「こんなのいねーよ」、通称「ねーよ」(「それでも街は廻っている」参照)、のオンパレード。今回はその極めつけかもしれない。 ひそかに「ヒーロごっこ…

ライトノベル読書記

「emeth 人形遣いの島」月島総記 著 こうたろ、桃山ひなせ イラスト 人形とあるけど、ゴーレムのことです。この舞台島ではゴーレムが作られています。ただし、その製造は「教会」に特権的に独占されてます。その技術を学ぶ学校もあるけど、入るのは難しい。…

ライトノベル読書記

「五線譜なんて飾りですっ!」一色銀河著 wingheart イラスト 3人しか部員がいない吹奏学部に主人公と入部したのは、天才的なトランペッターの少女。しかし、彼女はアンサンブルとしての演奏が出来ない、アニソンおたく。 今までいくつか音楽ものを読んだけ…

ライトノベル読書記

「薬屋のひとりごと」日向夏 著 しのとうこイラスト これには参った。主人公は毒マニアの「薬屋」。その毒マニアっぷりで不可解な事件を解決する。つまりアガサの後継者なんだね。 短いエピソードが並ぶ構成なので読んでいてたるむことはない。主人公がきわ…

ライトノベル読書記

あまりに平坦な日常が物語を要求している、ということで沢山読んでいます。若い作家の皆さんに本当に敬意を表します。 「初恋コンテニュー」1、2巻 なかひろ著 ガガガ文庫 ゲーム世界に入って仕舞うという設定の物語は結構あるけど、この作品は恋愛ゲーム…

ライトノベル読書記

我がタイガース、破れたとはいえ、第3戦からは日本シリーズらしい戦いだったと思う。シーズン後半からチームとして機能し始め、勝ち取った日本シリーズ。大舞台で真の実力を発揮した選手、メッセンジャー選手とか、大和選手とか、これぞプロ、というものを…

ライトノベル読書記

時々まとめて読んでいるライトノベルの感想を簡単にまとめておこう。内容さえすぐに忘れてしまうが、それももったいないと思えるので。 『妹がスーパー戦隊に就職しました』大橋崇行著スマッシュ文庫 色で識別される5人とか3人とかの正義の戦隊の番組は未…

『世界が終わる場所へ君をつれて行く』葛西伸哉 と『あじさいの季節に僕らは感応する』志茂文彦

『世界が終わる場所へ君をつれて行く』葛西伸哉 地方都市に住む少年が事件をきっかけに年上の美しい少女と出会い、旅をする。 ライトノベルを自分の好みでなんとなく選んでいると、どういうわけか、こうした話が多くなる。ロードムービーなのだ。でも僕は実…