海辺の風景

海野さだゆきブログ

『大往生したけりゃ医療とかかわるな 自然死のすすめ』中村仁一 著

現在日本のメインストリームの医療って、「負傷した兵士を戦える状態にして再び戦場に戻す」技術の延長線にありますよね。この「治るイコール戻す」というのから外れるってことを全然想定していませんね。

 

で、僕のような老人は「治らない」し「戻れない」(笑)。なので、医療とどうにも相性が悪いんです。僕の場合、どういう風に死ぬのか過程が分かっていますので、

 

血圧が高いです、体重が多いです、とか、なんちゃら値がとか、言われても、

 

それって、僕の死ぬ過程と関係ないですから、って。血圧値の変動は僕には正常な死ぬ過程なので(笑)。詳しく言えば、血圧の上はアガリ続け、下は下がり続け、その差が生存限界を超えて僕は死にます。これは僕にとっては正常な「機械的末期現象」。ま、モーターが回転が不安定になり、ある時に、どつんと停止する。そんな感じですね。

 

さて、件の先生、「医者の世界の最下層」老人ホームの医者になって、色々な方の死ぬ過程を長いスパンで見ることが増え、その結果、人類伝統の死に方に気が付いたのですね。

 

大賛成!先生に大賛成。これ、わかるわ、って話ばっかり。

 

いやあ、先生は宝くじって言いますけど、僕は「ピンコロ」を少なくとも10人連続で見てきました。先生のところの「前段階」でしか「ピンコロ」は可能じゃないです。それは確かです。施設入所後ではおそらく無理。

 

その状況に該当する「前に」、体の資源を「使いきる」。それが「ピンコロ」への王道です。間違いなく。「ピンコロ」だった人は「使いきる」状態でした。無理ってことじゃないですよ。

 

鮭の産卵後みたいに「使いきる」。

 

まあ、僕の回りでも、あと千年は生きるつもりの高齢者ばっかりで、こういう「死ぬ話」はする機会も相手もありません。でも、高齢者なのに高齢者じゃないつもりの人も、結構な人数の「同級生」が死んでいるのは知っているんですよねえ。その不安が現実を直視させないんだよねえ。

 

わかるけど、現実離れは、幽体離脱だよ(笑)。体の声が聞えない人は、悲惨な状況に自分の体を追い込んでしまう。ギャクなんだよなあ。死ぬところからしか物事を考えない。それが高齢者の生きるってことだよなあ。

 

ま、この本を読む人は、読む必要がない人なんですね。アドバイスって、常にそういうものです。はい。

 

話はちょっと変りますけど、キリスト教系の病院って、あちこちで見るんですけど、仏教系ってありましたっけ?なんかがんばって欲しいのです、仏教。RPGでもキリスト教系っぽい設定ばっかりですから。どーんとご本尊があるような「寺院」がゲームでも普通になってくれないかなあ、なんて思ってます。はい。

『絶深海のソラリス』全2巻 らきるち 著 あさぎり イラスト

ネット上の灯台としてありがたく読ませて頂いている「超ゲームウォーカー」さんのおすすめのラノベですから、読まないわけにいきません。購入からちょっと時間が過ぎてしまいましたが、たのしく一気に読みました。

 

gamewalker.link

『アビス』や『エイリアン』や『プレデター』などを予想していたのですけど、いやいやどうしてどうして、そうした「既視感」にはまったく襲われるどころか、かなり歯応えがありまして、ガリガリ噛み砕いて読み進みました。

 

もちろん、先行作品の影響はあります。って、ない作品などこの世の中にないでしょう。問題は「ご存じ」をいかに魅せるかにかかっているわけです。

 

いやあ、戦闘シーンの重量感ったらないですよ。たまりません。あたしゃ「音」が聞えちゃいましたよ読みながら。「敵」のパワーがすざまじいのですよ。おいおい、これじゃあ火力がたりねーよお!どうすんだよおー!って追い詰められ感も凄いので、ページをばしばしめくってしまいます。

 

そして、索敵からはじまり、初動、展開、など、戦闘の進行がすこしずつ間違えて、その間違えが更なる状況悪化を招き、と真綿で首をしめられるような「負け戦」の重圧。

 

いやあ、心拍数上がります。

 

まあ、ライトノベルですから「ねーよ帝国主義」通りに「かわい子ちゃん最低5人は出しておけ」はありますけど、その女の子の軽い口調がなければ、ヘビーすぎて読後の疲労感がずっしり来てしまうでしょう。ラノベの美点ですね。

 

2巻目はリターンマッチなんですけど、更に状況は厳しく、おいおい、このまま全滅で終りか、と読んだ人は全員思いますよ、ほんとに。

 

これ、よくできたアメリカの連続ドラマに対抗できます。はい。いやあ、面白かった。「超ゲームウォーカー」さんにまた感謝です。

『ヨタ話』(四杯目まで)新井理恵 著

ごーい、ごーい、ごーい、はっ。。。。じゃなくて。短いギャグ連作が詰め込まれた作品です。少女誌に掲載されていると思って読むとやけどします(笑)。きょーれつです。はい。

 

白眉は猫の「さゆり」のシリーズです。猫好きな方ならばたまらないでしょう。さゆりは誇り高き野良猫なんです。人間たちの行動を斜に、冷ややかに見下していたりするのですけど、イケメン高校生男子にかかると、ころっと態度を180度変えちゃったりする、乙女なんです。って、それのどこがオカシイか?

 

たぶん、本気は他人には常にギャグとして受け取られ、ギャグは他人には常に本気だと受け取られてしまう、そのギャップが滑稽なんです。つまり、どう生きようとも、どのみち他人にはギャグなんです。たぶん。

 

この作品で面白いのは、動物の出番が多いことです。猫のさゆりをはじめ、鳩、あひる、河童(?)常に本気、本音100%の彼らとの共存がどこかしら示唆されているように思います。

 

そういう視点で読み直すと、結構deepなものがあると思います。

 

わたしさゆり(笑)

『キミは一人じゃないと僕の中の一人が言った』比嘉智康 著 はっとり みつる イラスト

親から虐待されているらしき女の子の一人称場面から始まります。次に自分の中に三人の人格がいて、「彼ら」が交代に現実場面に対応するという少年の一人称、というべきなんでしょう、場面に移ります。

 

このふたりが出会い、別れ、そして再会します。いじめられていた状況を鮮やかに逆転してくれた少年を、女の子は忘れていませんでした。

 

彼女は少年に「多重人格ごっこ」を提案します、再び。

 

家庭でも学校でも居場所がなかった幼い彼女は、少年の「多重人格」に、現実をうまく生きる、やりすごすかもしれませんけど、知恵を見いだしたんですね。

 

そして、大きくなって再会した彼女は、まったく自己の在り方が変っていない少年をうれしく「思い出した」のでしょう。

 

なんだよ、都合よく人格を使い分けて、本体が傷付かないように逃げ回っているイタイ野郎が主人公かよ、、、って、まあ、そういう風に読めなくもないのですけど、僕はこの面倒くさい少年の在り方にそういういやな感じは受けなかったのです。

 

なにしろ三人の人格があれこれ相談しながらなので、読むのは結構難儀します。すいすい読み進められませんので「ライト」ではないでしょう。

 

女の子は少年は「芝居」をしていると見ているのでしょうか?そこはわかりません。例によって「ねーよ帝国主義」ですから、女の子の心理描写はそれほど掘り下げられていません。

 

常識的に言えば、少年は場面場面で「態度を変えている」わけです。ただ、そうした「態度の違い」をやっているひとは受動的に捉えていると思うのです。「あいつにはこうして対応」という感じですね。

 

それを少し能動的に捉えると少年みたいな認識になるのではないのかなあ、とは思いました。

 

「人によって態度変えるなよ」っていうのもわかりますけど、そこを「人を変える」という風に認識操作というのはシビアなやり方だな、でも相手にするのはやっかいだろうなあ、そのくらいディフェンスが堅くないとだめな状況なのかと。

 

つまり少女も、少年も「本体救出のために出現した別人格」が必要なほど、追い詰められていたのかもしれません。それもいくつもの別人格が。。。。幾重にも防御を張り巡らす必要があったのかと。

 

想像上の友人に頼ったり、神様に頼ったり、宇宙人に頼ったり、それもアリでしょうし、僕だってそういう子供時代でした。状況が厳しいと、そうした想像上の頼れる人はひとりではまかないきれない、というのもよくわかります。

 

少年と少女がどうなるのか、分かりません。でも、まあ、どのみち、ふたりともそのままではいられないでしょうから。でも、その時はそのとき。なんとかするでしょう。

 

ただ、「鍵穴から世界を覗き見る」にはなってほしくないなあ、と。それは原理主義への、テロへの道ですから。

 

『剣姫、咲く』山高守人 著

剣道漫画です。久しぶりですね剣道漫画は。『六三四の剣』以来でしょう。剣豪漫画ではなく、剣道です。ジャンルとしては少数派でしょうか。

 

comic-walker.com

 

今時のスポーツ漫画らしく、主人公以下全員女子です。「かわい子ちゃん最低5人出しておけ」(高橋良輔監督)ですね。一体何人出てくるのでしょう。

 

少年漫画らしく、全員天才です。そしてライバルの強さはひたすらインフレーションを起こして行きます。少年漫画の宿命ですが、このままインフレが続きますと、10巻あたりでは「竹刀で地球をまっぷたつ」になりかねません。

 

え?ちっとも誉めていない?いえいえ、僕は一気に今刊行されている3巻購入、おまけに続巻自動購入を即決しました。ものすごく気に入っていますし、はやく続きが読みたいぞー0ーと思っているのです。

 

傍若無人、おまけに理不尽に強く、おまけに美人でプロポーション抜群という「ねーよ帝国主義」のお嬢様が県強豪校に入ってくる波乱から話は始まります。

 

そして、体格にも才能にも恵まれず、中学時代、強豪校で苦酸をなめ、剣道をあきらめかけさえした主人公。そのふたりの出会いが化学変化を起します。

 

そうです、こうした話運びはよくあるパターンです。もちろん、「ご存じ」をちゃんとやれるというのは並大抵のことではありません。僕はでも、そのお約束をきちんと魅せられる力量で驚いたわけではありません。

 

この漫画、試合がすざまじいのです。超能力飛び交う?いえ、いえ、もっともっと深いところを描いているのです。

 

武道の試合は一対一です。経験者は「処刑場に連れ出されるような」と言いますけど、それは「はじめ」までの話でしょう。

 

試合は「対話能力の差で決まる」が、僕の考えです。いわゆるスポーツ武道で「トレーニング」した人は、「ああ来ればこう受ける」「こう受けたらこう反撃する」みたいな「段取り」をやってしまいますし、その段取りのうまさが「うまさ」だったりします。

 

でも、武道、いえ、「武術」ってサバイバル技術です。自分が生き残るために「段取り」は、はっきり言って邪魔でしかないです。相手は常に「自分の外にいる」わけで、想像では捉えられないのです。

 

この漫画のすごいところは、試合中に繰り広げられる「相手への感応力」だけが描かれているところです。

 

主人公の「大リーグボール一号」がその象徴でしょう。件のお嬢様が感嘆し、惚れ込んでしまったのは、むべなるかな、です。相手が一見どんなにクソなヤツであっても、相手を「感応」すれば、まったく違う人間が見えてくるのです

 

それを作者は「心」と言っているように思います。相手の「心」を感応し、自らも「心」を打ち出す。そんな試合がここでは描かれています。素晴らしい。

 

少年青年漫画のお約束で、女子の露出度が上がったりしますけど、いえいえ、ぜんぜんいやらしくないです。あれ、それは困る部分ですか?まあ、僕は老人なので(笑)。

 

あ、作者はおそらくは男性でしょうけど、ちゃんと「女性の線」が描けるのは素晴らしいです。わりと絵が立つ人でも、女性がどうにも「男性の線」で描かれてしまったりしている場合がほとんどなので、これ、そう、この部分こそ「色っぽい」のです、諸君、露出度の問題ではないです、はい。

 

で、そうした物理的な露出より、「心」の露出にびんびん来ます。すばらしい。

 

「剣鬼」ならぬ「剣姫」ですか、よいタイトルです。はい。

tp-link RE450 いわゆる無線LAN中継器

NEC Atrem2600HPを使っていましたが、ブリッジモードでなので、WiFi飛ばすだけのものに置換えた方がよいかなあ、と思って候補をいくつかあたりました。

 

tp-linkの機器が安価かつ性能がよく、使いやすいとの評判を読み、検討しました。エントリーレベルからいくつかありましたが、まあ、このくらいかな、とRE450を選びました。

www.tp-link.com

この壁コンセントに直に差すという思い切りの良さ、そして設定はスマートフォンからさくさくできてしまう、という本当に面倒のかからない家庭で使うにはもってこいの製品でした。

 

僕の家ではテレビのスピーカーを「手元」に設置しています。

panasonic.jp

なーにせ、おじいさんとおばあさんですから、耳が遠いので、テレビの音量が上がり気味なのを押さえるためです。これ、たぶんコンプレッサー機能なんでしょうけど、聴きやすくするボタンがついてまして、これ、本当によいです。

 

で、これBluetoothなんですね。だから2.4kHz地獄にはまってしまうのです。僕のスマートフォンが何かの通信をし始めると、音がブチブチとぎれてしまうことがしばしばありました。ですが、RE450にしたら、なくなりました。あら。

 

そのうえ、やはりダウンロード速度は上がりました。これ、データ比較じゃないんですけど、体感明らかに変りました。なーるほど。

 

まあ、あとは日本の猛暑、部屋のなかムンムンで大丈夫なのかの検証ですね。Aterm2600HPは熱ダレはなかったと思いますけど、結構シャーシ温度高かったような。RE450はどうでしょうか。

 

今のところ、気に入っています。はい。

サーモス VECLOS SSA-40S

www.veclos.jp

ずっとアパート住まいなので、ずっとメインはヘッドフォンでした。しかし、音楽というものはやはり空気、空間を震わせて、耳に届くものなのは確かなのです。いくら高音質のヘッドフォンでも、震わせる空気の量はスピーカーにはかないません。

 

今までスピーカーはBOSE 301を初代から3代目くらいまで、その後はROKSANの小さいスピーカー、それがへたった時にユニットだけFOSTEXに交換という具合いに使っては来ましたが、ここのところはスピーカーは全く使っていませんでした。

 

しかし、年中ヘッドフォンですと何かこう圧迫感、閉塞感があるんですね。何かよいのないかなあ、と探していましたら、ようやくそれらしきものを発見しました。

 

PCが再生機になってから何年もたっています。選択肢はPC用になります。BOSEが候補のトップに上がってくるのですけど、ヘンテコなものが好きな僕は別のものを探し続けていました。

 

もうスピーカーはいらないかなあ、とさえ思っていた今日このごろ、あれ?というものを発見。それがVECLOSシリーズです。なーるほど変っています。サーモスの保温ボトルは毎日3本使っているしって、関係ないですね。

 

結論です。

 

これでいいじゃないですか。Desktopですから。低音ずどーん、とか降り注ぐ高音とか、いらないですから。そういう場合はタンノイとか選択します。もしくはEVとか。だってベース用にプリもパワーもモニターもありますから、それを鳴らせばよいのです。でもアパートでそれやれませんよ。

 

セットアップはきわめて簡単。Bluetoothも簡便になりました。ヘンテコな形はよいです。いやあ、本当に保温ボトルにスピーカーくっつけた、ですよ(笑)。

 

音は「箱庭」です。良いですよこの感じはDesktopですから。Windows10の設定でBass boost、疑似サラウンドを有効にさせますと、なお「箱庭」感が増します。

 

え?音がぺない?(ぺたんこって意味です)。いやあ濃厚なのは必要ないですDesktopですから。「ながら」聴きですから。フォーレ室内楽とか広がりが心地好いですよ。

 

音を聴くのではなく、音楽を聴くって、そういう方向ならば、これよい選択です、はい。他人に見せても「あいだあ、おまえどうしたんだよ、なんじゃこりゃー!」間違いないです。どこから音が鳴っているの?って聴かれますよ(笑)。

 

ちなみに僕は白を選択しました。ますますスピーカーっぽくなくてよいですよ。